ヌメ革の手帳セット


ヌメ革のカバーと無地ノートとスケジュール帳のセットです。
ノートとスケジュール帳はバラ売りもあります。

左が3年間使った物です。右は出来立てなので色が薄いです。ヌメ革は最初ベージュくらいの色でも経年変化が楽しめてよいですね。エイジングとも言うみたいです。この左の色くらいになったものを飴色と呼んだりするのかな。私は手帳よりもサイフを触ることが多いのですがサイフは1年しないで濃い茶色になってしまって、そこから先の変化が乏しくおもしろくないです。特に夏、胸ポケットに入れて汗に濡れると痛むのも早いですね。このエイジングを知らない人は最初から濃い色を欲するので以前は染めていたのですが、染料は太陽の光で退色するし、変化を楽しむことのじゃまになるので今はやっていません。

キボリコキボリオのヌメ革は栃木レザーです。だけど加工の最終段階より一歩手前で仕入れています。表面の傷を消すために平らな板(ガラスなのかな?)に貼付けるらしいのだけどその処理をする前の、傷が丸見えの状態が好きなのです。表面がガサッとしていたりひとつ一つ表情が違って、おもしろいです。この段階の革が手に入り続けることを願います。
そんなヌメ革を牛1頭分を買って来てアパートの一室で加工、制作しています。

まずオイルを入れて、それから柿渋を塗り付けています。ヌメ革はタンニン鞣しをしてあるのでそのままでも柿色と茶系の間に変化していくのだけど、さらにタンニン(柿渋)を塗ってしまいます。表面が固くなるので600番のヤスリで滑らかにして、それから靴のためのクリーム(透明)を塗って表面の加工はおしまいです。これらはカバーの形にしてから行うので構造のあたりが出てきます。最後にコバを磨いています。ここまで書いておけば器用な人なら自分でつくれますね。ぜひ試してみてください。うまく出来なかったらキボリコキボリオを思い出してください。


縫い糸は、シニュー糸を模したナイロン。ものすごく丈夫でたぶん革自体より長持ちする。自然に帰りずらい素材だけどメンテナンスの楽さでこれにしました。蜜蝋に浸けてあるので黄色い。しかも糸を縫ってから柿渋を塗るので、糸は濃い色に染まっているけど、これも数年でほぼ白くなるみたいです。革は飴色になって糸は白くなるのでコントラストがあがっています。




スケジュール帳は見開きでひと月。
海外からの注文もあるので祝日の表記をやめました。




ポケットの形は革のはじっこを使ったりもします。でもだいたい直線になると思う。


ノートとスケジュール帳は一本のゴムひもでとまっているだけなので、紙など挟んでおけます。私は地下鉄の地図を挟んでいます。スマートフォンを持っていない(持ちたくない)のでこういうノートを作っているのかもしれません。


外付けタイプの手帳用ペンホルダーみたいなのを失くしたことのある人に朗報です。
スリット式ペン差し。
切れ目を入れただけのペン差しです。引き算の発想っていうかな。これがこの手帳の一番の見せ場ですね。


ノートは青い上質紙です。私は筆圧が強いので、白だと裏写りが気になって使い物になりません。
もともと自分用に設計したのでこうなりました。


外側のゴムを丸ゴムじゃなくて平ゴムにしたほうが良いという意見も聞きます。
平ゴムがねじれてると気になってしまって直すのがめんどうなのです。そんなわけで断面の丸いゴム紐です。ストレスフリー。

ということで久しぶりに商品の説明をしてみました。
カバー、ノート、スケジュール帳のセットで¥6400です。
注文おまちしています。

*以上は¥6400のヌメ革シリーズについてです。ラティーゴのハギレやクロム鞣しの革を使った物、差し替え式じゃなく中のノート固定の物などは、仕様をだいぶ変えていますので店頭でしか売っていません。見て納得したらどうぞ。
また質問等ありましたらお気軽にどうぞ。

2017年のスケジュール帳

2017年のスケジュール帳ができました。
今年は早めに準備ができました。来年の予定が入っているからです。
2016年以降は祝日の表記がありません。

一冊¥640
送料¥120

ニュートウゲイ展

4-12th June 2016
A show "POTTERY OF THE NEW SCHOOL" is coming by kiborikokiborio (Wataru HATANO ,Misako SHIMAYA ,Kiborio TAKASE) who has wanted to be a potter but couldn't. @Gallery Mizunosora, tokyo.

陶芸家になれなかった3人による、
【ニュートウゲイ展】

日程 2016年6月4日㊏〜12日㊐ (月火休み)
時間 12:00―19:00(最終日 17:00まで)
場所 ギャラリーみずのそら

画家の髙瀬きぼりおと、グラフィックデザイナーの島谷美紗子の二人(夫婦)が始めたブランド「キボリコキボリオ」。2015年6月に「世界の名画展」と題した模写作品の展示を開催(@ギャラリーみずのそら)。その続編として“陶芸”を再解釈した“ニュートウゲイ”作品を発表します。和紙職人で画家のハタノワタルが加わり、パワーアップしたキボリコキボリオをご覧ください。

《あゆみ食堂》 6月4日㊏、5日㊐ 12時から
西荻チャサンポーの2日間、カフェスペースにて、あゆみ食堂が限定オープンします。※数量限定

---------------------------------------------------------------------------------
ギャラリー みずのそら
http://www.mizunosora.com/
東京都杉並区西荻北5-25-2
Tel/Fax:03-3390-7590
E-mail: gallery@mizunosora.com
※駅より徒歩10分 ※月火は定休日

あゆみ食堂 https://www.instagram.com/ayumishokudo/

ハタノワタル http://www.hatanowataru.org/

髙瀬きぼりお http://www.kiborio.com/

島谷美紗子 http://misakoshimaya.tumblr.com/

キボリコキボリオ http://kiborikokiborio.blogspot.jp/

2016年用の替えスケジュール帳できました。
仕様を変更しました。
祝日の目印をなくしました。
糸の中綴じだったのをホチキス留めにしました。いちおうホチキス足をつぶしてテープを貼ってあります。
メールで注文ください。
kiborikokiborio@gmail.com

あと2015年末、ハチマクラという紙系雑貨店のイベントに少しだけ参加できそうです。
【大阪巡回展】
キボリコキボリオの世界の名画展が大阪に!


2015年7月2日〜21日(水曜定休)
11時〜19時(最終日は17時まで)

大阪 茨木市にあるGLAN FABRIQUE ギャラリー“la galerie”を美術館にみたて、キボリコキボリオのふたりが模写した世界の名画を展示します。
フェルメールの真珠の 耳飾りの少女なら上と下から、北斎なら右と左から、といった具合にふたりが同時に画用紙へ描き進めるというスタイルで模写される名画。
画材はほとんどクレヨン。額縁も段ボールでつくりました。

東京で6月に展示した内容とかぶりますが、場所がかわると見え方もかわっておもしろいです。

それにこの展示にあわせてスイーツを創作してくれました!ぜひ食べてみてください。
併設のcafe百花mokaで、展示期間中だけ注文できます。

--グランファブリック
http://glanfabrique.com/
Open 11:00 – 19:00 
Close Wednesday(祝日の場合は営業、翌平日休み)
Information:072-621-6953
大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE
(JR東海道線 茨木駅より東へ5分・阪急京都線 茨木市駅より西へ15分)


++グランファブリックのギャラリー、ラガルリでの世界の名画展は無事に終了しました。
大阪というアウェィ土地だから行く前はちょっと不安だったけど、オーナーの河上夫妻とかカフェのスタッフの人とか、やさしくてうれしかったです。展示の印象からスイーツを創作してメニューにのせたりとかもう感激です。
それに友人のなんちゃんが偶然初日に大阪に居て会えたりとかして、いい感じでスタートできた。今回この展示は巡回展だし準備期間が短かったので、次は河上さんとなにか企んで遊んでみたいと思いました。
ぼくは東京に住んでて会場は大阪なのに、芳名帳には知ってる名前があったよ。見に行ってくれてありがとう。
西荻みずのそらでの展示のことも合わせて、みんなの感想を聞いてぼくがやりたい事がまた少し自覚できました。ありがとうございました。
次は9月、東京池尻の NANJO HOUSE で髙瀬きぼりおの個展です。
しまやん(嫁)のグラフィック・エディトリアルなデザイン仕事はいつでも相談を受け付けています。(今ちょー暇って言ってます)
よろしくおねがいします。
キボリコキボリオの
世界の名画展
2015年6月20日〜28日(月火は休み)
会場:ギャラリーみずのそら(東京 西荻窪)
時間:12:00-19:00 (最終日は17:00まで)
ギャラリーみずのそらを美術館にみたて、キボリコキボリオのふたりが模写した世界の名画を展示します。ピカソのゲルニカなら右と左から、フェルメールの真珠の耳飾りの少女なら上と下から、といった具合にふたりが同時に画用紙へ描き進めるというスタイルで模写される名画。画材はほとんどクレヨン。とある19世紀名画では金色の絵の具や金紙も。


【巡回展】
2015年7月2日〜20日
11:00 ~ 19:00 ※最終日は 11:00 ~ 17:00
GLAN FABRIQUE ギャラリー(大阪 茨木市)
休廊日:毎週水曜日(祝日は開廊、翌平日休み)

++キボリコキボリオの【世界の名画展】に来てくれてありがとうございました。

個人ではなくてしまやん(嫁)と楽しみでやってるキボリコキボリオ名義でしたが、手応えがあって次の楽しそうなやりたい事もみつかった。このシリーズはまだまだ続きそうです。

今回の展示の一部を大阪でも展示です。巡回展って言うとほんとうの美術館の展示みたいでたのしいね。

この企画はみずのそらの小峰さんとぼくとしまやんで考えた。最初はぼくらはただ楽しく模写してFBにうpしてただけなんだけど、その画像を小峰さんが見て、えらい気に入ってくれた。それで何回も打ち合わせというか飲み会というか、集まって呑んでアイデアを話しているうちに今回のイメージが固まってきた頃に小峰さんは死んでしまった。
 ぼくらは途方にくれてしまったのだけど、井上陽子さんとかハタノワタルさんなど小峰さんとぼくらを繋げてくれた人に相談しながら詳細をつめていった。
 入札制で販売するアイデアはとうきょの広瀬さんたちと遊んだときに思いついたから小峰さんに相談するのは間に合わなかった。だけどやった。
 ぼくらが大して気にしていなかった模写に、価値を見いだす能力というかなんかそういうちゃんと形にするのってすごいなって思った。つまり今回の展示はぼくらキボリコキボリオだけではやらなかっただろうと思う。

ほぼ毎日、くろだゆいちゃんが夕飯をつくってくれた。ぼくは一回だけお礼に焼うどんをつくった。けんたろうさんも池を掃除してくれたり、いろいろお世話になりました。ありがとうございます。

という感じでみなさんに世界の名画展を発表できました。
今後もよろしくおねがいします。
■名画の模写の展示(仮題)

ぼくらがやってる名画の模写シリーズを西荻窪のギャラリーで展示します。
来年(2015年)六月。
詳細未定です。決まったらあらためて御知らせします。

We will show drawings at a gallery in Nishi-ogikubo, Tokyo which are copes from a famous painting.
Next year(2015) June.
Details isn't fixed yet. When its get decide, we will inform.